【大阪北部地震】知ってほしい「災害伝言板」のこと

2018年6月18日午前7時58分ごろ

大阪府北部で震度6弱地震が発生しました。

 

被災された皆様

非常につらい思いをされていることと思います。

 

地震などの災害時には電話や通信が非常に多く飛び交います。

また、救急や消防などのために

通信に余裕を持たせなければなりません。

「家族や大切な人と連絡が取れない」といったことも多くあります。

 

こうした不安から皆様の力になれればと思って

安否情報を知らせることができる「災害伝言板」について

ご紹介しようと思います。

 

災害伝言板

災害伝言板のサービスは皆さんの使っている

スマートフォン、電話機から利用することができます。

 

地震のような大規模災害の際は、

通話や通信がつながりにくい状況になります。

 

しかしこのサービスに安否情報や音声メッセージを登録しておくことで

直接電話がつながらなくても安否を確認することができます。

 

 

今回の大阪北部地震を受けて以下の会社が災害伝言板の提供をしています。

softbank

au(KDDI)

NTTドコモ

NTT東日本NTT西日本

 

利用方法

伝言板には名前と電話番号を登録するので

安否情報を知りたい相手の名前と電話番号を知っていれば

検索することができます。

また検索してもらうことができます。

 

他にも100文字までのメッセージと

「無事です」「自宅にいます」「避難所にいます」などの

コメントを選択することができます。

 

各社の災害伝言板のリンクを貼っておきます。

 

www.nttdocomo.co.jp

 

www.softbank.jp

 

au災害伝言板

災害用伝言板

 

災害時のように通信が混線するようなときでも

災害伝言板へのアクセスは可能となるように

各社力を入れていると思います。

 

また、現在は各キャリアがwi-fiスポットを無料開放しています。

インターネット環境が整わない方はぜひ利用してください。

 

 

災害伝言板というものを多くの人に知って頂きたいと思います。